うまい物商会 の スパークリング

 先週末に開けた ワイン 通称 うまい物商会 レシャンリーブルの Saint Peray Methode Traditonnelle NV / Les Champs Libres サン ペレイ メトード トラディショネル / レ シャン リーブル フランス コート デュ ローヌ地方 マルサンヌ 100% このワイナリのワイン 鼠やら豚 などのイラスがでてくる、ちょ…

続きを読む

ボージョレイヌーヴォ

 商業化しってしまったボージョレイヌーヴォの解禁日が本日でした。 ネットの記事やあれやこれやに、「曲がり角のヌーヴォ」とか「何故ヌーヴォが儲かるのか」と書かれていましが、そんな事はそっちに置いといて。 昨日は、解禁日前日と言うことで、入荷したヌーヴォをまず仕分けします。午前零時をまたがって営業に飲食店さんには、昨日中に配達。なにもそこまでこだわらなくても な…

続きを読む

フィリイプパカレ氏のセミナーに参加

 昨日は、クラブパッションデュヴァンの主催の試飲会とセミナーに行ってきました。 予定では、昼から早々に出かけて試飲してセミナーに・・と言うはずでしたが、なんか配達が立て込んで、結局 店を出たのが2時。会場について、とりあえずお取引のある野村ユニソンさんで試飲とご挨拶。早々に、セミナーに参加。 1時間の短いパカレ氏のお話。まずは、自然派ワインの基本のお話から・・・ だいたいが・・・・・・ …

続きを読む

いかがなものでしょうか?

 昨日の午前0時に今年のヌーヴォの解禁日迎えました。以前は(私が酒屋を継いだころ)は、解禁日まではフランス国内からの移動ができない決まりだったので、日本に届くのは1週間から10日後。だから結構12月の船便も人気だった。 が、いつのころか移動は事前にできるようになり、販売・開栓が解禁日に日本でもできるようになった。 このため、時差の関係で日本が世界で一番早くヌーヴォの呑める国となり・・・よってお…

続きを読む

ボージョレイヌーヴォ解禁日

 本日の午前零時をもって、今年のヌーヴォの解禁をむかえました。 今年も、無事、新酒を仕込むことができたお祝いの日です。 昨日は、閉店後に店内にヌーヴォの陳列をしました。 約1時間半の作業でした。んんん 店頭の黒板です。 輸入協会のポスター 店内…

続きを読む

ボージョレイヌーヴォが入荷してきました。

本日、各インポーターさんから一斉にボージョレイヌーヴォが入荷してきました。 今年は、4蔵5アイテムを仕入れました。 まずは、飲食店さんからご予約頂いている分をよけて、明日の配達の準備をします。当店では、解禁日の午前零時すぎまで営業しておられる飲食店さんには、解禁日前日に納品させていただいております。 飲食店さんの予約分を除いた分が、店頭販売分となりますにで、明日の閉店後に、…

続きを読む

○○しないように、すこし勉強しようかな?

 酒屋にも、知識は必要なんですが、どこからその知識を得るか? 最近では「習いに行く」と言うのが普通のようですが、それは経験上あまり実践の時には役にたちません。 やっぱ、経験でしょう。 と言うものの、酒屋は酒屋で、酒を売りますが、造りません。 じゃ、どうするか。蔵に行って、蔵を見たり、蔵元から直接話や体験談を聞いたり。また、質問したりの積み重ねじゃないんでしょうか。 しっかり、蔵で話を…

続きを読む

ボージョレイヌーヴォの報告がきました。

CPVさんから、ラピエールのボージョレイ「ヌーヴォの現状のレポートが来ました。 ここ何年か、「100年に一度の当たり年」とか「過去最高の出来栄え」とか 「えええ 本当かよ」と思うような言葉で踊らされて、ヌーヴォの解禁を迎えておりました。 が、 2012年は、100年に一度と言ってよいほどの難しい年  「なんせ、収穫量が少ない。 100年に一度の…

続きを読む

ボジョレーヌーヴォー義援金寄付のご報告

先日、ビオワイン輸入元の野村ユニソンさんから「ボジョレーヌーヴォー義援金寄付のご報告」なるメールがとどきました。 『昨年、みなさんにお買い上げいただいた、フィリップパカレ及び マチュラピエールのボージョレイヌーボの売りあげから、1本当たり50円 それに野村ユニソン社からの支援金を付加し百万円を茅野市(柳平市長)を通じ、岩手県の震災孤児を支援する「いわての学び希望基金」に寄付致しました。』…

続きを読む

幅が狭いのか? それとも・・・・

 昨日、取引のある地元の酒問屋さん主催のワイン試飲会に行ってきました。やや狭い会場でしたが、60アイテム程の輸入ワインが展示試飲されておりました。  輸入元は○○テ○、日本○○○、○ード○○○○ など、6社ほどで比較的大手?さん。 狭い会場でお客さんもそこそこ・・・なんで、そこはずいずいと人を押し分けて端順番に試飲していく・・・とすのがちょっと苦手なんで、人だかりの無いところに陣取って目…

続きを読む

久々の入荷 ユニ・トランシュ

 久々に入荷してきました、フィリップジャンボンのユニトランシュ。 フィリップジャンボンは、私がラピエールの次に出会ったビオワインです。確か当時飲んだワインは、名前は忘れてしまいましたが、馬のイラストのエチケットだったと思います。 今は 『豚』・・・ 豚のエチケットには訳があります。先日 輸入元からのメールに書いてあったのでご紹介…

続きを読む

ボージョレイヌーヴォの記事に????

今日見付けた記事に・・・ 記事の全文  (赤字は私のコメント) 【ビジネスの裏側】 11月17日午前0時に解禁されたフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」。テレビや新聞に盛んに取り上げられていたのは一昔前の話で、今では販売本数も伸び悩み、「バブル期の遺産」と呼ばれるほど凋落している。一時はもてはやされた解禁イベントもほぼ“死に体”状態で、一部には「経済が低迷する日本では根…

続きを読む

11月第3木曜 今日のブログはこれでしょう。

 そう、11月の第3木曜日 ボージョレイヌーヴォ解禁日です。 昨日は、12時過ぎまで営業している飲食店さに、ヌーヴォを配達。閉店後、店で売るべくヌーヴォを陳列しました。 んん、昨日のブログにも書きましたが、熱意ある飲食店さんのおかげで、仕入れた内の大半のヌーヴォは、ほぼ完売。そして、店で売るべくヌーヴォは、自分が超お気にいりのヌーヴォ1点のみ。(ちょっとは、他もあ…

続きを読む

今日の朝日新聞の記事から 

 その1 「被災3県の清酒 出荷量が急回復」 4~9月期 宮城は4割増 ちょっと、感想。 実際にも、当店でも東北の酒に売れ行きは良かった。特に4月。が、今では、ぐっと減ってきている。被災地から離れると、その意識が薄れるのも早い。義損金プロジェクトのお酒でも、最初は良くうれたが、今では今2歩くらい落ちおている。(がんばって売っているんですが) で、…

続きを読む

驚愕のマルセルラピエール

 がんばって、売っても売れなくて棚落ち商品はでてしまいます。値引きして売れるものはまだ良し。それでも忘れてしますワインなどがあります。  先日も、簡易セラー内でワインの棚変えをしており、以前 棚落ちさせたワインを事務所の冷蔵庫に移動。週末ごごとに開栓して飲んでは・・・・  棚落ちワインは何故か白が多い。まずは高い白ワインから。5000円以上のシャサーヌモンラッセなど・・ 色完全に行ってし…

続きを読む

訃報です。あの自然派ワインの巨匠が・・・・

 2010年10月10日 マルセルラピエール氏が永眠されました。  マルセルラピエール氏のワインは、私が約15年ほど前に初めて出会った自然派ワインでした。最初は自然派とかビオワインのその意味や本質もわからず、十分にその本質をお客様ひ伝えることができずに、失敗や返品を受け付けたワインです。その結果、ビオワインやシュタイナー農法などの知識を勉強し、さまざまなビオワインに出会うきっかけを…

続きを読む

父の日 ギフト ●●編

 父の日ギフトの告知黒板を書きました。  純米酒編   純米大吟醸 田冶米 720ml 桐箱入り 720ml 5250円  先月 田冶米さんのおじゃましたした時に試飲した中での一押しです。 田冶米さんによれば「この酒 神亀さんもお気に入りです」だそうです。 同じ山田錦の大吟醸(竹泉黒ラベル)より超お買い得でGOODです。   黒隆 純米大吟醸 生原酒 21BY  720m…

続きを読む

今日は何の日 6月2日 イタリアワインデー

 6月2日 は何の日 でチェックしてみると、今日は「イタリアワインデー」だそうでうす。 正直 知りませんでした。  で、その由来はと言えば、日欧商事さんおHPによれば、  6月2日とは? 第2次大戦終結後に行なわれた共和制移行を問う国民投票の結果を受け、1946年にウンベルト2世が退位。サヴォイア家による王政が廃止され、イタリア共和国となった 日。イタリ…

続きを読む

日本なら 「杜氏トライアスロン」か?

 フランスのワインの蔵元のブログから、ちょっと面白いものを見つけた。この蔵元、レシャンリーブルと言う。 フランスはコート デュ ローヌ地方を代表する自然派ワインの生産者、ダール エ リボのルネ ジャン ダール氏が運営する「美味しいもの専門商社」が、レ シャン リーブル社です。レ シャン リーブルとは、「自由な畑(領域)」を意味するフランス語で、様々な規制やしがらみを受けず、思うがままにワインや…

続きを読む

ボージョレイ・ヌーヴォ 2009 予約開始です。

  ボージョレイ・ヌーヴォ 2009 予約開始です。今年は 例年 人気の自然派の父「マルセル・ラピエール」に加え、ラピエールの甥に当たる、自然派の代名詞「フィリップ・パカレ」の2つをご用いたしました。  どちらのワインも値段は高いが、呑む価値あり。一度は呑んで見るべきでしょう。昨年も一度買ったお客様ま、何度もリピーターで買いにきてくれました。入荷が待ち遠しいです。{%…

続きを読む