仕入れミス・・

 仕入れミスにも色々ありますが・・・・

発注忘れ、商品違い、数の違い ETC・・。この程度は日常茶飯事・・

結構痛いのが、商品の読み違いです。 例えば、新製品で商品サンプルや試飲見本がある場合は、試飲してから仕入れるかどうか判断するので、まだ良いが、商品案内のFAX1枚で判断する場合は、読み違いをすると、ちと痛い。

日本酒とかワインなら、煮酒で家で使うとか・・ て 手もありますが・・

で、今回の読み違いは、ビールです。 最近は、発泡酒や第3のビールは新製品が続々でますが、 ビールは久々でした。 通常なら、試飲見本が送られてくる場合が通常ですが、この製品の場合、見本缶が来なかった。

ここで、通常は 「なんか おかしい」 疑うべきでしたが、そこは「ビール」ですから、思わず信用してしまったのが大間違い。疑いを持たずに・・・ 発注!!!

画像


商品が届いて、まずは試飲・・・・・ 結果   まずい

なんだ、この後味の変な甘さは?? 「エールタイプ」とうたってあるが、エール特有のあの甘さにには似ているが、とにかかく まずい

原材料を見てみると、「麦芽・ホップ・スターチ・糖類」 ゲッ 糖類添加だ。

もう、後の祭りです。 店に並べてじっと売れるの待つしか・・・・だが、売れません。 それも、そのはず、後でメーカーに聞いた情報によれば新製品にも関わらず、テレビ宣伝一切なし。ウエッブ上で、ちょとだけ。

んん、まずい と判っているのでお客さんにすすめるわけにもいかず、自分で飲むにも、やっぱ「まずい」

仕方が無いので、早々に店頭より、撤去。で、秋になったのでメーカーセールスに返品できないか交渉。
セールス曰く「不良品じゃないでしょ」と言われたので、思わす「不良品と変わらないくらいまずい」と言ってしまったが、「できません」の一言。

では、どうするか?  こちらの仕入れ選択ミスなので、できるだけ損失を少なくする手段を選択。

その方法とは・・・・賞味期限が2013年2月なので、消費期限切れになってから、問屋を通して返品して酒税分のみ還付してもらうことにしよう。

ちなみに、この方法ならビールの場合、酒税は1キロリットルで22万円だから、350ML缶なら1本約77円金額が戻ってきます。ビールの価格にしめる酒税の割合は非常に高いんです。

では、日本酒は?アル添、純米に関わらず 1キロリットルで12万円だから、1.8リットルあたり216円になります。

小売価格230円のビールの酒税が77円 約33%  3000円の純米酒なら7.2%です。 純米酒の方が節税ですね。

酒屋はやし


人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック